ご使用方法

カーボクリニックウォーターのご使用方法

以下をご参考に、ご利用の用途に応じて原液もしくは希釈してご使用ください。

1リットルタイプ

200ppm買ってすぐにご使用いただけます。一般家庭やペットの衛生管理・消臭などに。
500ppm原液のまま、または希釈してご使用いただけます。感染力の強いウイルス除菌などに。
1000ppm・1600ppm開封後の品質保持期限が1ヶ月となるため、施設等の空間噴霧も含めた使用に。

10リットルタイプ

50ppm主に空間噴霧による除菌消臭に。
100ppmご購入後、スプレー容器に移しそのままご使用いただけます。
200ppm原液のまま、または用途に合わせ希釈してご使用いただけます。

有効塩素濃度 500ppm

  • 感染力が強いウイルス除菌(吐瀉物など)。
  • 緊急的なトイレの除菌・消臭。
  • ペットのトイレの除菌・消臭。
  • 生ゴミ、使用済みオムツなどの消臭。
  • カビ対策。

有効塩素濃度 200〜250ppm

  • 少ししっかりめな、身の回りの除菌・消臭(キッチン周り、エアコン、浴室など)。
  • ペットのトイレの除菌・消臭。
  • 生ゴミ、使用済みオムツなどの消臭。
  • カビ対策。

有効塩素濃度 80〜100ppm

  • 身の回りの除菌・消臭(キッチン周り、リビング・トイレ室の掃除、衣類・靴の除菌・消臭、車内の除菌・消臭など※革製品には使用不可)。
  • ペットのトイレの除菌・消臭。
  • 介護用品の除菌・消臭
  • 生ゴミ、使用済みオムツなどの消臭。
  • カビ対策。

有効塩素濃度 50ppm

  • 身の回りの除菌・消臭(子どものおもちゃ、哺乳瓶の除菌(5分程度浸けおき後、水ですすぐ)、キッチン周り、ペットのまわりの消臭、衣類・靴・サンダルの除菌・消臭、枕カバー・シーツなど)。
  • 介護用品の除菌・消臭
  • 野菜の洗浄
  • 花瓶の水の除菌(切り花の延命)
  • カビ予防。
  • 超音波加湿器による空間除菌・消臭。

濃度別希釈方法

希釈は水道水で行えます。
身の回りの除菌は、ご希望の度合いによって濃度を調整してください。
低めの濃度から試して効果の必要度合いで濃度を上げて行くことをおすすめします。

用意するもの

原液の有効塩素濃度が500ppmの場合

10倍希釈(約50ppm)

原液1:水道水9

カーボクリニックウォーターを軽量カップ50mlまで入れ、水道水を500mlの目盛りまで継ぎ足したら詰め替え容器に移します。

5倍希釈(約100ppm)

原液1:水道水4

カーボクリニックウォーターを軽量カップ100mlまで入れ、水道水を500mlの目盛りまで継ぎ足したら詰め替え容器に移します。

2.5倍希釈(約200ppm)

原液2:水道水3

カーボクリニックウォーターを軽量カップ200mlまで入れ、水道水を500mlの目盛りまで継ぎ足したら詰め替え容器に移します。

原液の有効塩素濃度が200ppmの場合

4倍希釈(約50ppm)

原液1:水道水3

カーボクリニックウォーターを軽量カップ100mlまで入れ、水道水を400mlの目盛りまで継ぎ足したら詰め替え容器に移します。

2倍希釈(約100ppm)

原液2:水道水2

カーボクリニックウォーターを軽量カップ100mlまで入れ、水道水を400mlの目盛りまで継ぎ足したら詰め替え容器に移します。